英語アウトプットに独り言をやるべき!最短でスピーキングを上達させる

スポンサードリンク

スポンサーリンク

日本にいながら英語のスピーキングを上達させたい!

でも仕事があるから毎日、英会話教室に行けない。そんな時には英語で独り言はあなたのスピーキング力を高めてくれます!

スポンサーリンク

独り言をやる理由

ではなぜ、英会話教室やオンライン英会話があるのに独り言か効果的なのか?
それは全てが自分のペースでできるからです!

例えば、英会話教室に行ってるんだけど相手を前にするとなかなか英語が出てこない人いませんか?(むかしのぼくなんですが笑)

その原因は英語のスピーキングとリスニングが足りないからなんです!
独り言ではこの2つを重点的に鍛えられます

スピーキング力の向上

始めにも言いましたが、1番期待できるのがスピーキング能力を伸ばすことです。

英会話教室だと先生ばかりが話していたり、相手の話が理解できなかったりします。そうすると、せっかく行っているのに英語をアウトプットする機会がありません。

その点、独り言ではいくら言葉が出てこなくても誰も気にしません!つまり、自分のペースでやれるんです!

アウトプットとしては英会話教室にいくよりも効率的かもしれません。

リスニング力の強化

スピーキングをすることがリスニング力の強化にもつながる、一石二鳥なんです!

自分が発した言葉は嫌でも耳に入ってきますよね?何度も同じフレーズや単語を口に出して言うことで、耳が音に慣れます。

結果的、相手を前にして話したときに1度聞いたので理解できるんです!

スポンサーリンク

英語での表現の幅が広がる

やっていると、どうして英語でなんて言うのかわからない表現がでてきます。そうなった時に人はちがう言い方を探すんです。

例えば、

メジャーリーグで活躍してる日本人誰だっけ?あれだよ、10年連続200本安打打った人!

イチローですよね笑(簡単すぎてすいません)
こういう風に人は忘れたり、分からないものを別の言い方で表現しようとします。

英語もこれと一緒なんです!

どういう人にこの方法が向いているのか?

英語を始めたばかりの人にも、ある程度はなせる中級者の人にも効果的なものです。

また、英語を話せるようになりたい!でもお金はかけたくないないんだよね~という欲張りさんにもおすすめです(笑)

ただ、一つ注意してほしいことがあります。それは毎日、必ずやることです。

どんなこともそうですが、継続は力なりです

英語で独り言のやり方

ただ英語で独り言を言うのもいいですが、もっと早くスピーキングを上達させたいならちょっとしたポイントがあります。

スポンサーリンク

①鏡の前でやる

家にある鏡の前でやりましょう。そうすることで英語を話している自分の表情や口の動きがわかるからです

もう一つは相手と会話しているような感覚になるからです。英語も結局はコミュニケーションをとるための道具です。

相手がいて初めて自分の言葉が伝わる。鏡に写った自分をみながら、同時に自分とはなしていることにもなります!

その時にジェスチャーもできるだけつけてくださいね!

②毎日、10分必ずやる!

週に1回、2時間やるのと毎日10分やるのでは後者のほうが伸びます。

なんでもそうですが、継続することって重要ですよね?英語もやりつづけることで上達していく。

最初のほうはなかなか言葉が出てこないと思います。それはしょうがないことで、やっていくうちに慣れてきます

はじめは自己紹介だったり、好きなこと、嫌いなこと。英語をアウトプットすることが大事だということです

そして、これを毎日の習慣にすることです!

その日はなすテーマを決める

これを続けて徐々に慣れてきたら、次は自分が話すテーマを決めましょう!

例えば、、

・その日の出来事を細かく話す
・日本の文化について英語で話す
・自分の体験談を話す
・趣味について語る
・最近見たニュースを英語で説明する

などなど考えればもっともっとたくさんあります!

まとめ

いかがでしたか?以上が英語を上達させるうえで僕がやっているアウトプットです。これは英会話教室に行かなくても手軽にできる方法です。

覚えておいてほしいのは、毎日10分やることです!何度も言いますが継続してやることに意味があります!

ぼくもたまに毎日やるのめんどくさ~って思ったりするんですが(笑)、やりはじめると意外に夢中になってるんですよ!気づいたら10分以上やってることもよくあります!

なので、とにかくやってみること!それだけです!結果がつくかはやってみないと分からない!

あなたもぜひ試してみてくださいね!

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です