ニュージーランドにワーホリで来て3日目で所持金すべてを失った話、、、

スポンサードリンク

スポンサーリンク

こんにちは

ニュージーランドにワーホリで来て3日目にして所持金10万円を失ったあつしです。

もうね。悲しすぎる。。。
言葉では言い尽くせないくらい複雑な気持ちです。

しかし、なにもせずにいるよりも、こういうことがあったと伝える必要がある。そしてこれからワーホリや旅に出る人の参考になれば幸いです

スポンサーリンク

オークランドのとあるホステルに1週間のステイ

ぼくは現在もこのドミトリーに宿泊しています。
部屋は1番安い8人タイプです。

ちなみにその時いたのが、フランス人の女の子とドイツ人カップル、イタリア人。そして日本人がぼくともう一人。

みんなフレンドリーで良い人たち!
すぐに、宿泊してる人と打ち解けられました!

一緒に銀行口座を作りにいってくれたり、お酒を飲んだり、クラブに行ったりしたした。

しかし、4日目に悪夢が待っていました、、、

気づくとお金が消えていた。。。

その日は土曜日だったので、昼まで寝ていました。

起きてスーパーに買い物に行こうとおもい、バッグから財布をみるとお金がない……

 

 

は?

 

ないんだけど、、、

昨日の夜まであったのにない。

前日はスーパーに行って、ご飯を食べて帰って、、、

昨日の夜は確実にあったものがない。

バッグをひっくり返して荷物ぜんぶ出しましたがどこにもない。

 

しかし、それだけじゃなかった。

両替していないでもっていた6万円もない。。。

6万円はバッグの奥底に隠してたのに、、、

↑お金を入れていたバッグ

やられた。

完全に盗まれました。

日本円にすると10万円。

 

怒りなんか通りこして泣きました

もう色んな感情が混じってよくわかんないです。

4日目でおれのワーホリ終わったわと、、、

 

同じ部屋の人にとにかく聞きまくる

そのあと1時間くらいショックでなにもできませんでした。

ひとしきり泣いて落ち込んだ後、なんとかしなきゃいけないと思い同じ部屋に泊まっている人たちに聞きまくりました。

しかし、みんな口をそろえて

I don’t know

当たり前ですけど全員しりません。

実はその日の朝はやくに2人がチェックアウトしました。

1人が日本人、もう一人がイタリア人。

この二人しかいないよね?

とみんなで話してましたが、、う~んたしかに怪しいよな。

でもイタリア人はめちゃくちゃ助けてくれて、ぼくはみんなに彼はやってないといいました。

しかし、みんなはあいつしかやるやつはいないと…

電話にてイタリア人を問いただすが、、、

イタリア人を信じてないわけじゃないですが、やっぱり一番あやしい。

一応そいつのFacebookも電話番号は知っていたので、電話をしてみました。

おれの金とった?

とはさすがに聞きづらいので、お金がなくなった!と言いいました。

イタリア人は、誰かがやったに違いない!

同じ部屋にいたフランス人じゃないか?!

しかし、フランス人は僕のお金がなくなる前の夜は外出してていなかったんですよね。

ますます、イタリア人が怪しい。

スポンサーリンク

でも、心のどこかに彼を信じたいと思う自分もいる。

銀行口座の作り方。SIMカードのことや、オークランド市内を案内してくれたり。

彼がやったとは考えたくないですが、やっぱりあいつなのか、、、

警察にいきさつを伝えに行く

自分の力ではどうにもならないので、とりあえず警察に行くことに。

とりあえずあったことを一通り話しました。

ちなみに警察には2回行きましたが、1回目にはイタリア人のことは伝えませんでした。

なぜなら、彼はやっていないと信じていたので。

↑警察署でもらった紙

警察にはたぶん犯人は見つからない。だからトラベルインシュアランスに行ったほうがいいと言われました。(トラベルインシュアランス=海外保険)

その後、やっぱりイタリア人なのかもしれないと思いもう1度警察にいきました。

2度目は、イタリア人のことをしっかりと言いました。

ニュージーランドに来たばかりの自分を彼が助けてくれたこと。

お金がなくなった日に彼がチェックアウトしたこと。

彼が僕がいくら持ってきているのか知っていること。

僕がどこにお金をしまっているのか知っている唯一の人だということ。

僕は両替していない日本円を封筒にいれてバッグの底にしまってましたが、両替するために僕がお金を出したのを見ていたのも彼だけです。

僕はアホなので彼に、お金をバッグの底に隠してあるって言っちゃたこと。

 

こんな感じのことを警察に言ったら、彼のことを調べて連絡をとると言われました。そこで、なにかわかったら電話すると。

しかし2回目に警察署にいってから何日かたちますが、まだなんの連絡もありません。

 

その後、、、

とりあえず今はなにも進展はありません。

警察官にはイタリア人について調べて連絡をとるようにお願いしました。

たぶん警察から彼に電話がいったと思います。だからもしれませんが、イタリア人からめっちゃ着信がはいってくる笑

どっちにしろお金は帰ってこないんだ。

まとめ

過ぎたことを悔やむのはよくないですけど、自分のなかで甘えがあったとおもいます。バッグの鍵をちゃんとつけていれば確実に防げました。

こんなこと旅行をしたりしている中で初めての経験なのでいい勉強になったと思います。

だからこそ、このブログを見て1人でも知ってほしい。

そして、あなたも気をつけてほしい。

これから海外に行くかた。もうすでに旅をしているかた。

おれは大丈夫だろって思ってる人が一番危ないです。

なぜなら僕がそうだったから。

ワーホリしてる人も、する人も、したい人も、海外ではこういう事があるんだともう一度知っておいてほしいです。

 

それでは!また!

ブロトピ:海外旅行

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です